女の人

ナプキンの素材にこだわってかぶれを無くそう

お尻

肌に優しい商品を選ぼう

生理日には市販の使い捨てのナプキンが役立ちますが、かぶれなどの不快感に悩む人も少なくありません。選ぶ際はできるだけ肌に優しい、安全性の高いものを選びましょう。最近は布でできた布ナプキンを選ぶ人も増えています。

ウーマン

肌の弱い人の生理用品

ドラッグストアやホームセンターで販売されているナプキンは、プラスティック素材なので、汗や経血などで蒸れやすく、かぶれの原因になってしまいます。デリケートな肌質の人は、インターネット通販で販売されている布ナプキンがお勧めです。

悩む女の人

デリケートゾーン用の薬

我慢できない生理中のかゆみはナプキンをつけることでかぶれるからで、こすれたりナプキンが合わないことからかぶれます。ドラッグストアではかぶれ用の薬が色々ありますので、薬剤師によく相談してから買うと効果もあります。

デリケートな部分です

困るレディー

刺激の少ないものを

女性にとって生理は毎月のことです。毎月のことだからこそ、気になる悩みがあるとイヤですよね。ナプキンの悩みもその一つです。生理のときには市販の使い捨てナプキンを使う方がほとんどだとおもいますが、体調によってはかぶれてしまうこともありますよね。いつもと同じナプキンを使っているはずなのに、なぜかひりひりとかぶれてしまう、そんなことはめずらしいことではありません。そんなときは、より頻繁にナプキンを交換することを心がけましょう。また、コットン100%でできた刺激の少ないナプキンを選ぶのも重要です。体の中でも、デリケートゾーンと呼ばれる部分ですから、できるだけ肌に優しいものを選ぶようにしましょう。また、異変を感じたら早めに対処するのがポイントです。

市販の薬の利用も

ナプキンでかぶれが起こるのが毎月のことであったり、こまめにナプキンを取り替えても症状が良くならない場合には、市販の薬を使ったり、病院を受診すると良いでしょう。とは言いつつも、ナプキンによるかぶれはひりひりと痛みもありますのでツライ症状ですが、正直な話なかなか病院を受診するのは勇気がいりますよね。ですから、できるだけ自分で対処して直したいというのが本音だとおもいます。症状が進んでしまうと市販の薬では対処しきれなくなってしまうので、気になったらすぐに薬を使うと良いでしょう。市販の薬は、ドラッグストアなどでも気軽に買うことができます。女性の薬剤師さんがいる場合には比較的相談しやすいので、購入前にどの薬が良いか相談してみるのも良いでしょう。